ニキビ跡のできる原因を把握して正しい治療を行う

ニキビ跡ができる原因について

バルクオム,ニキビ,ニキビ跡

ニキビ跡というのは、ニキビができた時に掻きむしってしまったり、
ニキビの中の膿の部分をつぶした時にできてしまう色素沈着の事をいいます。

 

シミなどとは異なり、傷ができた所に色素沈着したものをニキビ跡と呼んでいます。

 

治療はニキビ用の薬を使ってもすることはできません。

 

ニキビ跡の治療で気をつけること

気を付けたほうが良いのは、ニキビ跡ができてしまったらニキビ用の薬は使用しないことです。

 

クレーターと呼ばれるでこぼこが肌表面にできてしまう事も、ニキビ跡ができてしまった後に
ケアしないで放置しておくと、場合によっては症状が悪化することで起こります。

 

どういう状況でニキビ跡になるのかを知っておくことが、ニキビ跡ができてしまわないようにする為には不可欠です。

 

毛穴には皮脂線があり、皮脂が多く分泌されると毛穴に溜まります。

 

ニキビができる原因は、アクネ菌と呼ばれるニキビの要因ともいえる細菌が毛穴に入り込むことによって炎症を起こしてしまうことです。

 

炎症がひどくなればなるほど、たくさんの膿ができてしまうといい、毛穴の中には白っぽい膿がたまっていきます。

 

アクネ菌による炎症で皮膚組織の細胞がこわされているので、膿がたまっている部分はコラーゲンをたくさん生成して、
細胞を元の状態に戻そうとしてメンテナンスしようとするのです。

 

ニキビの症状がそんなにひどくないときは、きれいに元の肌に治ることができます。
肌の表にでこぼこが残ってニキビ跡になってしまうのは、ニキビが大きく、たくさんの膿が出た場合です。

ニキビ跡の症状と種類について

ニキビ跡にはいくつかの種類があり、症状が深刻になれば皮膚科に相談した方がよい場合もあるので、
安易な自己判断による治療は避けたほうが無難です。

 

ニキビができた所に色素沈着を起こしてしまい、皮膚が黒ずんでしまう
種類のニキビ跡がもっともよく見られるものです。

 

ニキビを掻きむしったりしなくても膿がつぶれてしまうだけで、
痕が残る事が色素沈着によるニキビ跡にはあるようです。

 

ニキビ跡の症状の種類

1番多いニキビ跡の症状

症状の具合は比較的軽い場合とされているのが色素沈着によってできるもので、
ニキビ跡の中でももっとも多い症状になります。

 

さらに悪化したニキビ跡の症状

さらに少し症状が悪くなると、クレーター状になってしまう種類のものがあり、
ニキビ跡がでこぼこになってしまいます。

 

ニキビがつぶれて皮膚組織が破壊されることによって皮膚がえぐれて肌表面がでこぼこした状態になることで、
ニキビ跡がクレーターのようになってしまうといわれています。

 

もっと深刻なたニキビ跡の症状

皮膚組織がもっと深刻に壊れてしまうと、ニキビ跡がケロイド状に盛り上がってしまうこともあります。
皮膚組織の破壊が何回もくり返される事が、ケロイド状のニキビ跡の要因だといいます。

 

ケロイド状になってしまうのは、毛穴の組織そのものが何度も皮膚組織が壊されることによってなくなってしまうことが要因です。
コラーゲン線維が何回も皮膚組織が破壊される事で、皮膚に重なり合って盛り上がりを作るわけです。

 

いくつかある中でも一番ひどい状態といえるのが、ケロイド状のニキビ跡です。

 

それぞれの症状や種類によって治療方法が異なってくるのが、ニキビ跡を治す時の特徴です。
クレーター状ケロイド状のニキビ跡の場合は特に皮膚科で診察してもらったほうが良いでしょう。
ニキビ・ニキビ跡のケアは、何よりも顔を清潔に保つことが重要です。
そのため毎日の洗顔が重要になってきます。

 

最近では様々な洗顔剤が販売されており、自分に合ったものを選ぶ必要があります。
中でも男性の場合でしたら確かな成分と保湿力のバルクオムが人気があります。

 

▼今なら初回価格500円で試すチャンスです!▼

>>「バルクオム」の詳細情報はコチラから確認できます!<<

 

 

『ニキビ跡クレーターを隠す方法・治療法・予防に最適なバルクオム』関連記事

バルクオム,ニキビ,ニキビ跡

正しい洗顔は、ニキビ予防のためのスキンケアの基本中の基本です。できたニキビを早く治療するためにも、ニキビができないように予防するためにも不可欠なのが洗顔です。ゴシゴシと皮膚を力を入れてにこすったり、クレンジングを必要以上にすると、肌を反対に傷つけてしまうこともあります。有効な洗顔方法を知っておくこと...

バルクオム,ニキビ,ニキビ跡

ニキビ跡というのは、ニキビができた時に掻きむしってしまったり、ニキビの中の膿の部分をつぶした時にできてしまう色素沈着の事をいいます。シミなどとは異なり、傷ができた所に色素沈着したものをニキビ跡と呼んでいます。治療はニキビ用の薬を使ってもすることはできません。ニキビ跡の治療で気をつけること気を付けたほ...

バルクオム,ニキビ,ニキビ跡

ニキビ対策化粧品にはたくさんの種類があり、どれを購入すれば良いのか迷ってしまいます。実際に買う人の年齢によって違うのが、どんなニキビ対策化粧品が良いかということです。もちろん年齢が違えば肌の年齢も変わってくるので、ニキビ用の肌の状態に合った化粧品が売られています。年代によって、できる要因がちがうのが...